カーコーティングした車を洗うポイントとは

あなたは、普段どのくらいの頻度で洗車していますか。愛車ですからこまめに洗うなんて人もいるでしょう。
その一方で青空駐車場なのに、汚れてもしばらくそのままなんて人もいます。洗車でキレイになるのは嬉しくても、やっぱり面倒くさいものです。

しかし、カーコーティングをしていたら、そんな面倒くさいのや煩わしさも楽になるかもしれません。

新車購入時にカーコーティング

新車を買うときによく勧められるのが、ガラスコーティングです。ガラス質で車の塗装の上からコーティングされることで、艶をだしたりします。さらに汚れにくくもなります。
とはいっても、これをしたらもう洗車しなくてもいいというわけではありません。洗車の手間も楽になるという意味なので勘違いはしないでおきましょう。

あと、傷も目立ちにくくなったり、塗装が剥げるのも防ぎますが、ついごしごしと洗車で洗ったりするとそれでもカーコーティングが剥げてしまうおそれがあります。

カーコーティングした車の洗車のやり方は

車を洗うときには、まずは多めにかけて汚れを流します。これだけでもホコリや汚れは落ちるようになっています。それでもしつこく残っている場合には、油脂による汚れかもしれません。そんなときには、スポンジやタオルで優しく拭き取るようにします。

ついついタオルやスポンジは縦や横にいいかげんに動かしてごしごししがちですが、これはいけまけん。なるべく一定方向にだけあまり力を入れずに拭き取るようにします。
なお、カーコーティング用の車シャンプーがあるので、専用のものを使いましょう。

洗車機は使ってもいいのか

洗車機も楽で使いたくなるものです。カーコーティングが洗車機で剥がれるなんてことはありませんが、やはり傷が目立つようになるなど、リスクがあります。極力手洗いが良いでしょう。

ここに書いたことに気をつけて洗車はしましょう。

関連する記事

Close Menu